title

<   2013年 03月 ( 23 )   > この月の画像一覧

木造3階建学校 火災安全性

2012年~13年 国土技術政策総合研究所
木造3階建て学校の火災安全性に関する研究

実大火災実験(準備実験)で得られたデータの概要 等
by funatowato | 2013-03-26 18:05 | 情報リンク

優ブリック (木質路面材)



日本の森、里山、そして林業の持続可能性の観点からも
重要視されている間伐。
間伐の過程で発生する間伐材の有効利用も求められている。

消費に有効な木製品を開発し、段階的に木の消費量を向上させることで
「適切な山の保全サイクル」 を蘇らせる試みを行っているのが、
京都市の「木の町づくり協議会」。

木の町づくり協議会が開発した間伐材を活用した
木質の路面材「優ブリック」は、木材の冷めやすさ(低蓄熱性)による
ヒートアイランド防止効果などが注目され、
学校や公園、公共施設などで導入されている。

優ブリック / 木の町づくり協議会
by funatowato | 2013-03-25 11:58 | 製品・サービス・工法

日ノ出湧水 (横浜市中区)

 
 
▼案内板より

この湧水は歴史的に由緒あるもので、古くから地域の生活用水として
広く利用されてきました。

幕末・明治期に開港場横浜は段階的な埋め立てによって造成されました。
そのため埋立地である関内・関外などでは良質な水を確保することが困難でした。
一方、野毛山の裾野に位置する日ノ出町周辺は、自然の涌き水に恵まれた地域で、
明治の初めごろから、涌き水を利用した民間の給水業者が活躍し、
横浜港に寄港する船舶に飲用水を提供していたと言われています。

この湧水も野毛山が水源と考えられ、起源等は明らかではありませんが、
これまで確認されたかぎりでは、東小学校の脇から現在地まで、
地中に埋設された鋳鉄管を通じて導かれています。

近年では、周辺環境の都市化が進んだ影響もあり、
清浄な水質が保てないため、飲むことはできませんが、
災害時等には飲用以外の生活用水としての利用が可能です。

このたび、大岡川プロムナードの再整備工事を行うにあたり、
装いも新たになりました。
新しいまちづくり活動とも連動し、貴重な地域資産として、
末長く皆さんに愛され親しまれていくことを関係者一同願っています。

2009年3月

初黄・日ノ出町環境浄化推進協議会、日ノ出町町内会、初黄町内会、
横浜市中区役所、中土木事務所、横浜市都市発展記念館・協力
 
 

 
 
by funatowato | 2013-03-25 11:52 | 神奈川県

全国の津波リスク

朝日新聞
間近の津波 全国の津波リスク情報
by funatowato | 2013-03-25 11:26 | 情報リンク

ガスタービン式火力発電所と噴火による火山灰

2012年8月 NHK
富士山噴火で首都圏は

火山灰によるガスタービン式の火力発電所への影響についてなど
by funatowato | 2013-03-25 11:10 | 話・声

三浦海岸の河津桜

京浜急行(京急)・三浦海岸駅周辺の商店主などが中心となり
様々な町おこし活動を行っている「三浦海岸まちなみ事業協議会」。

同協議会では、「夏」 「海」 のイメージが強い三浦海岸エリアを
早春~春の時期も盛り上げたいという気持ちから、
三浦海岸駅~京急線沿い~小松ヶ池公園までの約1kmに、
早咲きの桜で有名な河津桜の植栽を2000年から始めた。

現在、桜の木の本数は約1,000本にもなり、
三浦海岸を含めた三浦半島・春の風物詩となっている。
 
 
▼京浜急行 三浦海岸駅と駅前



下りホームから見た駅前



駅改札前



駅のポスター



駅前



駅前



河津桜開花時期に開催される「桜まつり」の案内



駅前



駅前の特設テント村では、地元野菜や特産品を販売







駅前ガード付近



駅前ガード付近
 
 
▼三浦海岸駅~京急線沿い



「桜まつり」会場 小松ヶ池公園への案内







三浦市エリアマップ(案内表示板)  

拡大で見る

 


三浦市エリアマップ(案内表示板)には津波避難用として標高表示も



河津桜では無い、道中の桜並木



自動車に対する注意看板



京浜急行 線路沿いの河津桜



山ヶ谷戸跨線橋 下



山ヶ谷戸跨線橋 上



駐車場の案内にも桜が



山ヶ谷戸跨線橋 上付近からの光景





河津桜と共に菜の花も植えられている



















京急線を挟み奥にある小松ヶ池付近にも河津桜が植えられている









注意書き






 
 
▼小松ヶ池公園





河津桜の案内  

拡大で見る

 




公園案内  

拡大で見る

 










京急線高架橋



提灯











亀に関する注意書き
 
 
▼小松ヶ池公園~京急線沿い







市道4号線跨線橋 下 

続く桜並木はこの付近で終了


 
 
(撮影:2013年3月)
 
 
都市再生整備計画 (三浦海岸駅周辺地区) より
 
※2005年度~2009年度にまちづくり交付金を活用しまちづくりを実施。
  現在、事後評価中。

・新たな観光資源の開発により、年間を通してまちのにぎわいを取り戻す

・三浦海岸駅周辺は、横浜や東京への通勤者も多く住んでおり、
 駅前や幹線道路沿いに集積した商業業務地の後背地に住宅地が形成されている。

・海水浴を中心として、
 三崎下町地区と連携した三浦市の観光の玄関口となっているが、
 昭和40年代以降観光客数が激減し、まちのにぎわいに影響を与えている。

・時代の変遷により観光客数が減少し、それに伴う観光関連産業の衰退が著しく、
 三浦海岸駅周辺地区の中心市街地の活性化が喫緊の課題となっている。

・三浦海岸駅周辺地区においては、地元の経済団体が主体となる
 「三浦海岸まちなみ事業協議会」が平成9年5月に設立され
 「自然海岸を生かした景観形成と商店街活性化を目指した、住民主体、
 個性豊かなまちづくり計画の作成と実現」をテーマに「わいわい市」や
 「桜のまつり」などのイベントを通して
 通年型の観光地を目指し地元を盛り上げる活動を続けてきている。

・三浦海岸駅周辺地区内にある公園は、市民協働のもと
 環境整備に対する活動を実施している。その中で、小松ヶ池公園は、
 自然水面を有する良好な自然環境の景観を生かした公園であり、
 バードウォッチングや自然を体感できる公園として、
 首都圏からも短時間にアクセスできる地の利を有している。

・小松ヶ池公園は、訪れる市民や観光客から
 公園施設の利便性の向上が求められている。

・市民や観光客が、駅から海岸方向や小松ヶ池公園へ
 快適にアクセスできるようなみちづくりが必要である。

・三浦海岸駅周辺地区の中心部には、三浦市唯一の鉄道である京浜急行線があり、
 三浦半島南部及び西部の重要な交通手段となっている。

・京浜急行線軌道上にある市道4号線跨線橋および山ヶ谷戸跨線橋は、
 緊急車両の通行等地区の防災上重要な役割を担うものであるが老朽化している。
 防災上や大量輸送手段の確保の観点から、その耐震補強が必要である。

・跨線橋の改修に併せて、橋の塗装と、デザイン高欄を設置し景観に配慮する。

・三浦海岸駅から小松ヶ池公園までの歩道について、
 歩行者の安全性を確保し快適な交通環境を整備するため、
 段差解消された歩道延長の割合の増加を目指す。

・案内表示板の設置により、来遊客の移動の利便性の向上を図る。
 
 
2009年12月 三浦市
【PDF】 まちづくり交付金 事後評価シート 三浦海岸駅周辺地区
 
 
by funatowato | 2013-03-22 17:03 | 神奈川県

スマートシティに向けた4地域実証情報

新エネルギー導入促進協議会
Japan Smart City Portal(JSCP)

・横浜市(神奈川県)
・豊田市(愛知県)
・けいはんな学研都市[関西文化学術研究都市](京都府)
・北九州市(福岡県)

上記4地域で進められているスマートシティ実証実験の最新情報を発信。


新エネルギー導入促進協議会
by funatowato | 2013-03-18 20:46 | 情報リンク

東日本大震災当日 人々の流動状況



携帯電話のGPSデータをもとに、東日­本大震災時の人の流動を再現。

東京大学空間情報科学研究セン­ターと共同研究を行っている
ゼンリンデータコム社の混雑統計(R)データを使用。

混雑統計(R)データは、利用者の許諾を得た上で取得された携帯電話の
GPSデー­タをもとにして個人が特定できないように
秘匿処理を行っている統計データ。

全国での該当者は人口の0.5%強程度に相当すると言われ、
最短では5分に1回程度の­データがアップロード。

全体の俯瞰状況を共有することにより、今後、
災害時のリアルタ­イムな対応等の議論が進むことなどを期待。

発信:東京大学 空間情報科学研究センター


People Flow Project (PFLOW) 人の流れプロジェクト
by funatowato | 2013-03-18 20:34 | 東京都

再生可能エネルギー 固定価格買取制度

経済産業省 資源エネルギー庁
再生可能エネルギー 固定価格買取制度

・買取価格、期間等
・買取制度の法令、契約
・認定手続き(設備、減免)
・再エネ賦課金とは
・再エネ設備認定状況
・「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」とは(新制度)


なっとく!再生可能エネルギー
by funatowato | 2013-03-18 20:23 | 情報リンク

多機能トイレ 利用集中の実態把握と今後の方向性

2012年4月 国土交通省
http://www.mlit.go.jp/report/press/...

バリアフリー化の取組みとして、駅や建築物などにおける
車いす使用者用トイレの設置義務付けなどを背景に
近年、子ども連れなども利用できる多機能トイレが数多く設置されている。

そのため、車いす使用者などの障害者だけでなく、
高齢者、子ども連れなどによる利用が集中して、車いす使用者が
使いにくくなっているという指摘が寄せられていることから
国土交通省が指摘を踏まえて、多機能トイレの利用実態を調査。

多機能トイレ
車いす使用者が利用できる広さや手すりなどに加え、
おむつ替えシート、ベビーチェアなどを備えて、
車いす使用者だけでなく、高齢者、障害者、子ども連れなど
多様な人が利用可能としたトイレ。
by funatowato | 2013-03-18 20:13 | 情報リンク

まち + 建築・空間・環境


by funatowato

カテゴリ

全体
北海道
青森県
秋田県
岩手県
宮城県
山形県
福島県
茨城県
栃木県
群馬県
埼玉県
東京都
千葉県
神奈川県
静岡県
山梨県
長野県
新潟県
富山県
石川県
福井県
愛知県
岐阜県
滋賀県
京都府
大阪府
三重県
奈良県
和歌山県
兵庫県
岡山県
広島県
島根県
山口県
香川県
徳島県
愛媛県
高知県
福岡県
佐賀県
長崎県
大分県
宮崎県
熊本県
鹿児島県
沖縄県
海外
話・声
情報リンク
製品・サービス・工法

記事ランキング

検索

About Us

当サイトでは、主にまち(町・街)の建築・空間・環境をキーワードに事例や現状などを紹介しています。

2016年7月より vol.2 での発信に切り替えております。

まち空間プラス vol.2
my-map.com/machi


Twitter
@machi_plus

運営・管理
MYMAP

連絡先 メール
info@my-map.com

編集人
船土和斗

以前の記事

2016年 07月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月